ピーチ航空の国内線で釧路を往復した旅

空港で自動チェックイン機使用なので並ぶ時間なかった

ピーチ航空の国内線を利用して釧路へ行ってきました。
関西国際空港の第二ターミナルビルへは鉄道駅から直結する商業施設からバスでアクセスできます。
ピーチ航空が就航してから路線の数も増えていて利用客も増えていて、今回も混んでいました。
ただ、バスの本数は多いので乗れなくてもすぐに次のバスが来ます。
LCC専用の第二ターミナルビルはシンプルな構造ながら、チェックインから飛行機への搭乗まで階段やエスカレーターを使用しなくていいので楽に移動できます。
自動チェックイン機を使用してチェックインを済ませたあとは手荷物検査場ヘ向かいました。
就航当初のピーチ航空は大きな都市への路線がメインでしたが、最近では今回利用する釧路線のように、地方都市への路線も積極的に展開しています。
釧路線は夏季限定ですが、需要のバランスを考えたらちょうどよいのかもしれません。
搭乗案内が始まると指定されたゲートに向かいます。
関西国際空港の第二ターミナルビルではボーディングブリッジではなく、直接地上から飛行機に乗り込むので、飛行機の大きさを間近で感じることができます。
機内はシンプルに通路を挟んで3列ずつシートが並んでいます。
初めて利用する路線なので景色も楽しみたかったので窓側を予約していました。
ピーチ航空では窓側の座席を予約する場合、追加料金が必要となります。

空港で自動チェックイン機使用なので並ぶ時間なかったピーチ航空で座席予約は追加料金が必要北海道をレンタカーを借りて効率よく観光